健康診断のためにぼくは腹筋を鍛える。


ぼくには1年に2回だけ腹筋を鍛える時期があります。

心も体も開放的になる夏?
いえいえ違います。

それは、健康診断がある春と秋です。
と言っても健康に気を使って鍛えるわけではありません。

ぼくにとって健康診断は、腹筋を見せつける最高のステージなのです。

腹筋を披露するのに最高な理由!


健康診断がなぜ腹筋を見せつけるのに最高なのか。それには3つの理由があります。

理由① 合法的である

基本的にビーチやプールなど以外の場所で腹筋を出すと他の人から奇異の目で見られてしまいます。しかも、最悪の場合は法に触れてしまう可能性もあるかもしれません。

しかし、健康診断であれば人前で腹筋を出しても全く法に触れることはありません。あくまで合法的に自慢の腹筋を見せつけることができます。
これなら何の心配もないですね!

理由② 見せたい感を消せる

ぼくはビーチなどで腹筋がバキバキの人を見かけると「あぁこの人は自慢の腹筋をみんなに見せつけたいんだな」と思ってしまいます。

鍛え上げられた腹筋を見てもらいたい気持ちはわかりますが、自分から見せにいく姿勢がだだ漏れなのはカッコ悪く感じます。

その点、健康診断の場合は自分から腹筋を見せるわけではありません。相手から求められるので仕方なく腹筋を見せるのです。あくまで仕方なく見せているのです。

理由③ サプライズが楽しめる

一般的な健康診断は、診察する時以外は服を着た状態でいるはずです。
ということは、あなたの服の下に隠されたバキバキな腹筋の存在をあなた以外は知らないのです。

そして迎える診察の時。相手の目の前で服をまくり上げ腹筋を見せつければ、最高のサプライズをプレゼントすることができます。

もし「すごい腹筋ですね〜」なんて褒められた日には、もう健康診断の結果なんてどうでもよくなることでしょう。



以上が健康診断が腹筋を見せるのに最高だと考える理由です。

普段は人に腹筋を見せるチャンスが無いみなさんも健康診断で見せてみてはいかがでしょうか?